定期的にカーペット清掃を依頼しています

毎日生活する住まいは、清潔で居心地良くしたいので、こまめにお掃除をしています。でも、お掃除をしてもどうしても汚れが気になるのが、カーペットです。掃除機をかけてゴミや髪の毛がないようにしていますが、気がつくとシミなどの汚れができていて、一度できてしまったシミは何をやってもなかなかキレイにならず、そのまま残ってしまいます。だから、我が家では定期的にハウスクリーニングのカーペット清掃を依頼しています。依頼するようになったきっかけは、友人から勧められたからでした。自分ではなかなかキレイにできない汚れもカーペット清掃を利用すれば、驚くほどキレイになると言われ、利用してみました。実際清掃後のカーペットは、見違えるほどキレイになり、本当に感動しました。その際、業者さんにいろいろ話を聞いてみたところ、カーペット清掃は、どんな素材にも対応してくれるそうだし、汚れの度合いなどをチェックしたうえで適切な方法でクリーニングを行ってくれると言っていました。カーペットを清潔に保つためにも、これからも定期的に依頼したいです。

定期的にカーペット清掃

家でカーペットを使っているという方も多いのではないでしょうか。ふわふわしていて歩きやすいですし、お子さんがいる方などですと転んでも安心できるので、家のどこでもカーペットを使っているという家庭も多いかもしれません。しかし、とても便利なわりには掃除が大変というのがマイナスポイントです。なかなか洗濯機で洗えるサイズのものもなかったり、そもそも洗えない素材ということがあるでしょう。そのためにカーペット清掃はどのようにすればいいかというと、最低限掃除機ですいとって、定期的に天日干しすることです。これである程度の菌は防ぐことができますが、最低でも年に1回は専門の業者に清掃をお願いすると安心できます。またはクリーニング店でも構いません。毎日踏んだり物を置いたりしているところですので、目に見えないごみや汚れというものがたくさんついてしまっています。

自分でもできるカーペット清掃

カーペットの清掃を業者に依頼するとなると、どうしても時間がかかる、それから費用がかかってしまいます。そこで、自分でもできる清掃方法をおすすめしておきます。まず、ナイロンタワシなどでゴミをかきだします。かきだしておくことによって掃除機で吸い取りやすくします。それから重曹をカーペットにふりかけ、1時間ほど放置しておきます。それから掃除機を使って重曹と汚れを一緒に吸い取ります。これをすることによって汚れやゴミ、それから臭いなども一緒に取り除くことが出来ます。仕上げとして、柔軟剤を20倍に薄めたものを使って霧吹きなどで吹きます。後、ドライヤーを当てながら目を立てていくようにして乾かすことで元通りに近い、きれいな仕上がりになります。このようにして、自分でも簡単にカーペット清掃を行うことが出来ます。費用をかけることなく、業者に依頼をするよりも手間無くできます。